真分数・仮分数・帯分数の定義

真分数・仮分数・帯分数の定義

(1)真分数(しんぶんすう)

分子が分母より小さい分数を真分数という。

(2)仮分数(かぶんすう)

分子が分母以上の分数を仮分数という。

(3)帯分数(たいぶんすう)

整数と真分数の和で表せれる分数を帯分数という。
掛け算と区別が付かないので普通は使わない。

(1)真分数の例

\[ \frac{1}{2},\frac{2}{3},\frac{2}{4} \]

(2)仮分数の例

\[ \frac{3}{2},\frac{4}{3},\frac{3}{3} \]

(3) 帯分数の例

\[ 1\frac{3}{5}=1+\frac{3}{5},2\frac{2}{3}=2+\frac{2}{3} \]

ページ情報

タイトル

真分数・仮分数・帯分数の定義

URL

https://www.nomuramath.com/b3l6k7wf/

SNSボタン