正直天使と嘘つき悪魔と適当人間

正直天使と嘘つき悪魔と適当人間

あなたは天国を目指しています。
今、分かれ道にいて、片方は天国、片方は地獄に続いています。
ここに正直天使と嘘つき悪魔と適当人間が来ました。
正直天使は必ず本当のことを言い、嘘つき悪魔は必ず嘘をつき、適当人間は適当(正直なときも嘘のときもある)に答えます。
外見では区別がつきません。
あなたは誰か1人を選んでYES/NO質問を2回することが出来ます。
どのようにすればいいでしょうか?

この3人をA,B,Cとしておく。
1つ目の質問はAに「『Bは適当人間ですか?』と聞かれたら『はい』と答えますか?」と聞く。
「はい」と答えた場合、Aが正直天使ならBは適当人間、Aが嘘つき悪魔ならBは適当人間、Aが適当人間ならBはわからない。
これより、Cが適当人間でないことがわかるので2つ目の質問はCにする。
「いいえ」と答えた場合、Aが正直天使ならCは適当人間、Aが嘘つき悪魔ならCは適当人間、Aが適当人間ならBはわからない。
これより、Bが適当人間でないことがわかるので2つ目の質問はBにする。
「はい」「いいえ」どちらでも適当人間でない人が分かったので、2つ目の質問はどちらかの道を指差し「『この道は天国に続く道か?』と聞かれたら『はい』と答えますか?」と聞けばいい。
質問した相手が正直天使でも嘘つき悪魔でも「はい」と答えたら指差した道が天国で、「いいえ」と答えたら指差してないほうの道が天国になる。

ページ情報

タイトル

正直天使と嘘つき悪魔と適当人間

URL

https://www.nomuramath.com/y485qsmq/

SNSボタン